土曜診療対応の立川の歯科|TOP > 一般歯科・小児歯科

一般歯科・小児歯科一般歯科・小児歯科

お口の健康を脅かす病気、虫歯

虫歯の原因のほとんどは、お口のなかに棲む100種類以上の虫歯菌。虫歯菌が磨き残しなどに含まれる糖分を介して酸をつくり、その酸が歯を溶かすことで起こります。一度かかると自然には治癒しないため、歯に違和感があったら早めの相談が必要になります。

虫歯の段階と治療法

段階 治療法

C0
虫歯のなりはじめ

C0 虫歯のなりはじめ

歯の表面にあるエナメル質が溶けはじめ、歯が白く濁ります。痛みは感じません。 適切な歯磨き、フッ素塗布で治癒します。

C1
エナメル質の虫歯

C1 エナメル質の虫歯

エナメル質が溶け、黒ずみはじめます。痛みなどの自覚症状はまだありません。 虫歯の部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。

C2
象牙質の虫歯

C2 象牙質の虫歯

冷たいものや甘いものがしみます。 虫歯に侵された部分を削り、詰めものをします(範囲が広い場合は被せものをします)。

C3
神経まで進んだ虫歯

C3 神経まで進んだ虫歯

何もしなくても激しく痛みます。 神経を取って被せものをします。

C4
歯根まで進んだ虫歯

C4 歯根まで進んだ虫歯

神経が死んでいるため痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まると再び痛みます。 ほとんどのケースで抜歯が必要になります。歯を抜いた際にはインプラントなどで失った歯を補います。

早めに対処すれば処置・治療は簡単に済みますが、多少なりとも歯にダメージを与えてしまいます。また、最悪の場合は歯を抜くことも……。そうならないために、歯に違和感を覚えたら、お早めにご来院ください。

根管治療

当院では、国内のほとんどの歯科医院で行われる方法とは異なる、世界レベルの歯内療法で根の中の治療をします。
神経の通り道だったトンネルを確実に密に埋め、人体に為害性のある物質を一切使用しない画期的な根管充填方法です。
今まで埋められなかった細かい神経の枝の部分まで加熱軟化した材料で埋め尽くします。
治療では、再発しやすい根の先の膿の塊を、高確率で除去。除去することで抜歯を避けることができます。
予後不良として抜歯するのは簡単ですが、当院は「抜かず」「残す」治療に専念いたします。
患者様の次に歯を抜きたくないのは歯科医師なのです。

お子様の歯を守る、小児歯科

お子様の歯を守る、小児歯科

当院の小児歯科では、子どもの虫歯を治すことだけを目的としていません。虫歯の予防に努め、健康な口内環境をつくることを目的としています。

ですが、「歯医者さんは痛いことをするところ」と怖がるお子様は少なくありません。歯医者さんを嫌うようになってしまうと、虫歯を放置してさらに深刻な状態になってしまうことも少なくありません。怖がらずに来院してもらうために、まず歯医者さんに慣れてもらうことからはじめています。そして、歯医者さんに慣れてもらったらお口のなかの診査を行い、必要に応じてレントゲン撮影を行います。

~より正確な予防・治療のために~

~より正確な予防・治療のために~

口内環境は年齢に応じて変化し、特に成長期の子どもの変化は目を見張るものがあります。当院では、前回の来院から長期間が経っていても変化を把握できるように、デジタルカメラで口腔内を撮影し、その写真を保管しています。記録することにより変化の確認はもちろん、予防法や治療法のご提案も可能です。

小児歯科メニュー

大切なお子様のお口を健康な状態に保つには、虫歯を予防することが重要です。

フッ素塗布

歯質を強化する働きがあるフッ素を歯に塗布し、虫歯菌が出す酸に強い歯にします。乳歯や生え替わったばかりの永久歯に最適です。また、初期の虫歯なら治癒もできます。

シーラント

シーラント

生えたばかりの六歳臼歯には深く複雑な溝が多くあり、磨き残しなどで食べカスやプラークなどが溜まり虫歯になりやすくなっています。その溝をあらかじめ歯科用プラスチックで埋めて虫歯を予防する処置がシーラントです。

【親御さんの協力が大切です!】

親御さんの協力が大切です!

お子様のお口の健康には、歯科医院での処置だけではなく親御さんの協力が不可欠です。重要なセルフケアを日頃からサポートしてあげましょう。当院では、仕上げ磨きの仕方やおやつ指導などを行っています。

予防診療についてはこちら

ご相談フォーム

東京都立川市|診療予約|立川北デンタルオフィス