土曜診療対応の立川の歯科|TOP > なるべく削らない無痛治療

なるべく削らない無痛治療

最小限の削る量、神経を残す最大限のの努力

ミニマルインターベーション(「MI」という考え方)

無痛治療

むやみに虫歯でない部分を削りません。すぐに被せたりせず、ご自身の歯を可能な限り残し守ります。
※少しでも希望がある限り、あらゆる技術・知識・製品を使って神経の保存を試みます。運悪く神経を抜かなければならない状態になるまで諦めません。

歯の延命に注目の材料 ~ドックスベストセメント~

虫歯が神経に到達する寸前だったり、神経に少し到達したりしている場合に使用する薬効能のあるセメント。むやみやたらにすぐ神経を抜かずに済むケースが多くなるセメントで、歯の寿命を延ばしてくれる可能性が高い今注目の材料。

DOC’S BEST CEMENT(ドックスベストセメント)

ミニマルインターベーション(「MI」という考え方)

重度の虫歯の場合、治療で通常神経を抜くことがほとんどですが、当院にあるDOC’S BEST CEMENTという薬効成分のあるセメントなら、神経を保存できる可能性が広がります。保険適用外ですが、神経を残せるかもしれない希望があるときはぜひおすすめします。

神経を一度取ると、栄養が供給できず歯が脆くなり、割れやすくなったり、根の先が膿んでしまったり様々なトラブルを起こします。そのリスクを少しでも下げたいのであれば、神経があるうちに神経を残せるような処置をすることが大切です。ぜひご相談ください。無駄に削らない、無駄に神経を抜かない歯科治療を目指しております。可能性ある限り努力します。

このドッグスベストセメントは、従来のルーチンセメントではありえない、画期的なセメントです。それは……セメント材なのに、う蝕を治療してくれるからです。通常の虫歯治療の場合、軟化象牙質を完全に除去したあと、充填やインレー・クラウンのセットを行いますが、このセメントでは軟化象牙質を完全に除去しなくても充填やインレー・クラウンのセットができるのです。

その秘密は……特許出願の特殊フォミューラーが軟化象牙質(感染部位)を再石灰化して治癒に導くという点。そうです、虫歯治療をしてくれる夢のセメントなのです。そして歯内療法にとっても朗報で、根充時の使用において根管内、象牙細管内まで殺菌してくれるのです。さらに抗生剤と違い抗力の低下が見られず半永久的に薬効が続き、アレルギーや発ガンの心配もありません。

開院当初からのフジフィルLCフローの導入

光重合型充填用レジン強化フロアブルグラスアイオノマー

当院では、保険内・保険外診療を問わず、重度の虫歯治療の補填剤として薬効のあるセメントをすべての方に使用しています。高価なため材料費はかさみますが、患者様のかかる保険点数は他院と同じです。以下では、なぜ高価でも当院がこの材料にこだわるのかをご説明いたします。

グラスアイオノマーセメントならではのメリット

長期的なフッ素徐放:一般的にグラスアイオノマーは、フッ素の長期的な徐放および取り込み(リチャージ)を行います。そのため、接着操作のしにくい部位や症例にも有効です。
二次虫歯(一度治した歯の再度の虫歯)の発生が少ないという臨床データもあります。

光重合型ならではのメリット

・光で固めるシステムなので、歯肉からの出血や歯肉の隙間から湧き出る歯肉溝滲出液の影響を
  受けにくく、薬効が期待できます。また、操作性もよく治療ミスが起こりにくくなっています。

・MI(最小限の治療侵襲での治療)を考慮したなるべく削らない治療が実現。特性によって、虫歯リス
  クの高い患者様や虫歯リスクの高い部位、生えたてで弱い乳歯や幼若永久歯に対しての修復にも
  効果的です。

もちろん、表面処理も効果的!

従来のグラスアイオノマーセメントの安定した歯質接着性に加え、強固な接着性で高い実績を誇る4-METが配合されています。「スメア層(歯の削った面の汚れ)の溶解」「適度でマイルドな脱灰」「歯面のコンディショニング(接着する条件づけ)」が可能。長期に渡る歯質接着安定性を得ることができます。

象牙質接着界面SEM像(×10000)

★ 今現在の製品の中では、神経を保護しやすい確実性の高い薬効の期待、術者の操作性は既存のセメントの中でも一番良質だと信じて使用しています。(2012.9月)

無痛治療

無痛治療

表面麻酔、電動麻酔、体温に近い麻酔薬の温度、適度な麻酔の深さ少しでも苦痛を感じたら我慢は不要です。左手を挙げていただければいつでも休憩・中止しますのでご安心ください。

TKDO式無痛治療の5つの根拠

1.表面麻酔

針を刺入する前にジェル状の麻酔薬を歯ぐきに塗ることで表層の粘膜を麻痺させ、針による痛みを軽減します。

2.ペインレス

ペインレス

バイブレーター搭載の器具により「針が入った感触」を紛らわせます。お腹が痛いときにさすると和らぐのと同じ原理です。他に集中を紛らわすことで、針を入れる痛みと麻酔薬が浸透していく痛みを和らげます。



3.ロールワッテ

丸い綿を挟んで麻酔することで、余剰した麻酔薬をすべてこの綿が吸収します。苦い麻酔の味を感じることはほとんどありません。

4.オーラスター

電動の麻酔器具。一定の圧で麻酔薬を浸透させていくので、痛みが起こりにくくなります。麻酔は、一気に入れようと力をこめると痛みを生じるもの。この器具を用いることで、どの歯科医師が行っても同じように痛みをほとんど感じないまま麻酔を受けられるのです。

5.針の刺入角度と向きと深度

はじめに「歯肉境移行部」という場所に限りなく浅く針を差し込んでいきます。弱い圧で少しずつ徐々に針を進め、徐々に深い場所に麻酔することで、楽に深い麻酔を受けられるのです。

「無痛治療=痛くない麻酔の方法」というのは、実は大学の講義や臨床実習でも教えてくれないのが現状です。また、本を読んでも大したことは書いてありません。院長の櫻田が悩み、試行錯誤した結果、さまざまな器具の情報を集め、自己研鑽し、さまざまな講習会や臨床現場で出会った優れた歯科医師により学んだ独自の方法なのです。
※炎症が強くある場合は、痛みを伴う場合もあります。

歯科治療の耐用年数

歯科治療には健康状態を保持できる期間の制限があります。耐用年数を迎えた歯と、不適合修復物は症状が出る前に、前もって治療を受ける事で、歯の寿命そのものを伸ばすことが出来ます!

修復物の耐用年数

耐用年数とは?
耐用年数とは、「材料自体の劣化や消耗が起こるまでの年数」です。
ここでは、一般的な保険治療を行った場合の耐用年数を紹介します。

治療方法 耐用年数
コンポジットレジン充填
(プラスチックの詰め物)
2~3年
クラウン
(銀歯の被せ物)
2~5年
ブリッジ(3連結銀歯) 3~5年
義歯(入れ歯) 2~4年
修復物の平均使用年数

平均使用年数とは?
平均使用年数とは、「何らかの症状やトラブルが発生するまでの平均年数」です。
こちらでは、一般的な保険治療を行った場合の耐用年数を紹介します。

※これは「トラブルが起きた人」の平均であり、中にはノントラブルのまま過ごしている人もいますので、実際の平均使用年数は上記よりも長くなります。

治療方法 二次的な
虫歯
脱落 歯髄炎 平均
使用年数
コンポジットレジン充填
(プラスチックの詰め物)
5.1年 3.3年 5.6年 5.2年
インレー
(銀歯の詰め物)
5.8年 4.1年 5.3年 5.4年
クラウン
(銀歯の被せ物)
8.2年 6.2年 8.9年 7.1年
硬質レジンジャケット冠
(全体がプラスチックの歯)
6.4年 5.0年 4.0年 5.9年
ブリッジ(3連結銀歯) 10.1年 6.2年 7.5年 8.0年
アマルガム充填 7.4年 8.4年 6.0年 7.4年

歯科治療の耐用年数

お忙しくて、なかなか治療の時間を作りにくい患者様から「治療を受けたい時間になかなか予約が取れない……」「歯医者は何で治療期間が長くなるの?」なんて質問をよく受けます。
お困りの患者様が他にもたくさんいらっしゃることも1つ。
1つずつステップを踏まなければいけない状況なのも1つ。
そこで、キャンセルをしないお約束をしていただければ、可能な限りまとめて治療するプランをご用意しました。

短期集中治療プラン
平日夕方まで(10:00~13:30、15:00~17:00) 1H 5,000円、1.5H 10,000円、2H 15,000円(自費加算)
平日夜間(17:00~20:00) 1H 10,000円、1.5H 15,000円、2H 20,000円(自費加算)
土日祝日 1H 10,000円、1.5H 15,000円、2H 20,000円(自費加算)

※営業時間以降でも治療可能な場合もあります。ご相談ください。
※キャンセルする場合、1週間以上前でないと自費加算分のキャンセル料を請求しますのでご注意ください。
※2H以上の治療希望の場合も30分5,000円でお受けします。

ご相談フォーム

東京都立川市|診療予約|立川北デンタルオフィス