予防診療予防診療

予防診療について~"cure(治療)"から"care(予防)"に~

予防診療について~"cure(治療)"から"care(予防)"に~

当院は、虫歯や歯周病になる前や治療後にメンテナンスを行って"cure(治療)"から"care(予防)"に移行することが、大切な歯を残す最適な方法と考えております。

予防診療では、虫歯や歯周病、噛み合わせの病気にならないための「防御策」をとります。幸いなことに虫歯や歯周病の原因は「主に細菌」とはっきりしているため、ある程度防ぎやすいとされています。ですが、一度の対策でずっと病気を予防できるわけではありません。定期検診が重要です。当院では、以下の予防処置を通して患者様のお口の健康をサポートしています。サロン感覚でメンテナンス! そんな気分で来院される方を増やしていきたいと考えております。

PMTC

PMTC

歯科医や歯科衛生士による、専門の器具を用いた歯のクリーニングです。毎日丁寧に磨いていても、どうしても磨き残しはあるものです。磨き残しは虫歯や歯周病を引き起こす原因になるため、PMTCでは磨き残しを徹底的に除去し、虫歯・歯周病を予防します。

【PMTCの手順】

1.歯垢の染め出し(行わない場合もあります)

1.歯垢の染め出し(行わない場合もあります)

染め出し液を浸した綿棒を歯面に軽く押しつけながら、歯垢がどこに残っているのか確認し、その歯垢の付着率を数値化します。これにより歯磨きが苦手な場所をご自身の目で確認できます。

2.研磨剤の注入または塗布

2.研磨剤の注入または塗布

歯の表面に専用のクリーニングペーストを塗ります。日々、食事などで歯の表面には凹凸ができています。それを滑沢にすることで、ツヤツヤな歯の表面を取り戻せるのです。

3.隣接面の清掃作業

3.隣接面の清掃作業

3.隣接面の清掃作業

プラスチックのチップを使って歯と歯の間の汚れを落とします。普段の歯磨きでは汚れを取り除きにくい場所も、これで清潔にできます。

3.隣接面の清掃作業

3.隣接面の清掃作業

4.頬舌面・咬合面の清掃作業

4.頬舌面・咬合面の清掃作業

歯ぐきを傷つけないように、柔らかいラバーカップで歯と歯ぐきの境目などを丁寧に磨き上げていきます。

5.フッ素塗布

5.フッ素塗布

フッ素で表面をコーティングします。使用するクリーニングペーストはお口をスッキリさせるだけでなく、歯質を強化してくれるので虫歯予防に効果的です。

定期検診

定期検診

虫歯や歯周病など、放っておくと進行を続け治療が難しくなったり治療が長引いたり費用がかさんだりする病気には、早期発見・早期治療が一番。定期検診ではお口の中を総合的にチェックし、お口の健康の維持をサポートします。通院の目安としては、3~4ヶ月に一度とお考えください。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

ご自身の口内環境に適したブラッシング方法でなければ、毎日丁寧にブラッシングしてもきれいに汚れを除去しきれません。正しいブラッシング方法でなければ、虫歯・歯周病を完璧に予防できないのです。せっかく、治療しても癖がついている場所には再び歯垢が付着し、二次的に虫歯や歯周病になるリスクになってしまいます。当院では、患者様のお口を詳しくチェックし、最適なブラッシング方法を指導しています。

フッ素塗布

歯質を強化する働きがあるフッ素を歯に塗布し、虫歯菌が出す酸に強い歯にします。乳歯や生え替わったばかりの永久歯に最適です。また、酸で溶けた歯の再石灰化を促す働きも持っているため、初期の虫歯なら治癒もできます。

歯周病

予防メニュー

TKDO 歯周内科プログラム

オーラルヘルスケアプログラム

精密な検査・診断のもと、担当の歯科衛生士がそれぞれの患者様の状態に合わせて行う予防プログラムです。
※完全予約制とさせていただいています。

TKDO
歯周内科プログラム

精密レントゲン撮影

歯周ポケット検査

咬合様式や咬合性状態診断

治療計画説明

超音波スケーラーによる歯石除去(毎回約30分〜45分程度)

ブラシング指導&清掃補助器具指導

食事指導・生活習慣指導

PMTC&EMSエアフローによる歯面清掃プログラム

適宜再評価

歯周外科プログラム
または
歯周炎メンテナンス

TKDO 歯周外科プログラム

TKDO 歯周外科プログラム

3回目の歯周精密検査後に、4mm以上の歯周ポケットがある場合の多くは歯周外科治療にスライドします。シンプルなフラップオペレーションと言って歯肉を剥離して内部の歯肉縁下歯石と壊死セメント質を除去しまた縫合するFOPをベーシックとし、根分岐部病変や骨内欠損部にはエムドゲインゲルによる歯周再生療法、歯の長さが臨床的に不足していれば歯肉根尖側移動術(APF)や歯冠長延長術(クラウンレングスニング)、歯肉のボリューム不足に対しては結合組織移植(CTG)や遊離歯肉移殖(FGG)、術野を狭く低侵襲性定手術ならMISTやM−MISTといった複雑な手術にも対応しております。

TKDO SPT▶️歯周炎メンテナンス概念のアップデート

TKDO 歯周外科プログラム

歯周炎安定維持のためのプラークコントロール・スケーリング・ルートプレーニング・咬合調整を主体とした定期的な治療で、歯周炎再発防止と進行の最小化をし歯の喪失を予防減少させる事が目的です。歯科衛生士と歯科医師と三人四脚で共に努力していくものとお考えください。患者さんの努力なくして、衛生士さんの指導なくして、歯科医師の治療なくして口腔内の健康維持は出来ません!

歯周炎の治療は、歯周内科的な治療と歯周外科的な治療があります。どちらの治療も落ち着いて継続的なメンテナンスを出来る環境を整えてあります。それをSPTと言います。立川北デンタルオフィスは、厚生労働省関東厚生局に「かかりつけ強化型歯科医院(か強診)」の施設基準を与えていただきました。歯科外来診療環境体制(外来環)という施設基準もクリアしてます。2020年時点ではまだ約7%の歯科医院しか認可が下りていません。

今まで3ヶ月おきにリコールメンテナンスを受け、その都度PMTCやエアフローを受けていた患者さんに大朗報なのです。

SPT(supportive periodontal therapy)は、今までより手厚い「予防処置」が可能となりました。妊娠出産が自費診療だったように、「予防」は「治療となる病気」ではないと考えられていて自費でした。選ばれた僅かな歯科医院では、予防診療が保険適応でフォロー出来るように進化したのです。

PMTC(歯科衛生士による機械的歯面清掃)やエアフローなどの歯面清掃や着色除去なども自費診療から保険適応でご対応可能です(初診でいきなりは自費診療となります)。行政も予防に予算を使った方が、国民医療費削減になると確信したのだと思います。

しかも、3ヶ月に1度ではなく、毎月1度は保険適応でSPTが可能です。エアフローは30分6000円、PMTCは8000円の自費診療となっていましたが、月に一度はSPTとしてこれらの予防処置も同時に受けられるのです。患者さんの保険治療での支払いは若干上がりますが、エアフローやPMTCを込みで考えれば総支払額はかなり減り、よりお得に利用できます。勿論、今まで通り3ヶ月おきでも可能です。喫煙者、重度歯周炎患者さん、歯ブラシが苦手なまま上達しない方、歯並びが悪く歯磨きしにくい方などには超朗報です!保険で素晴らしいサポートが受けられます。

立川北デンタルオフィスで先ずは「治療完了」を目指しましょう。その日からSPT開始です!!生涯かかりつけ歯科医として患者さんの利益になる環境をこれからも整えます。

L.ロイテリ菌について

ヤクルトや明治ヨーグルト R-1などで馴染みのある乳酸菌。その乳酸菌の中でも最近、歯科業界で注目され始めている乳酸菌があります。キシリトールを世に広めた予防大国スウェーデンで発見されたL..ロイテリ菌です。

ロイテリ菌はヒト母乳由来の乳酸菌で、ロイテリンという独自の抗菌物質を産生します。ヒト母乳由来ですので、副作用もなく、年齢も関係ありません。

乳酸菌が歯周病に効く!!

当院が数多くの乳酸菌がある中でロイテリ菌に注目したのは、ロイテリンが歯周病菌の抑制が期待できるからです。また、その他にも

  • 虫歯菌(ミュータンス菌)の発生を抑制
  • 歯垢(プラーク)形成の抑制
  • 知覚過敏の改善
  • 口臭・起床時の口腔内の不快感の改善
  • ピロリ菌感染症の抑制(ストレス性胃炎・胃潰瘍の予防・軽減)
  • アレルギーの抑制(乳児アトピー性皮膚炎の緩和)
  • 小腸内における免疫細胞の活性化・整腸作用
  • 母乳のアレルギー成分の減少 ※ご夫婦で使用される方も現在増えています

など、お口の中だけでなく全身的にも改善が見込めます。歯周病に関しては、SRPとの併用で歯周炎の緩和と歯垢の減少が期待できることもわかっています。

その結果をグラフにしたものが下の図です。

PPD及びCAL数値の変化

当院では、L..ロイテリ菌の効果を利用した治療を採用しています。ご希望の方は、お気軽に担当の歯科医師・衛生士にお気軽にご相談ください。

歯周病の進行・症状

軽度歯周炎

軽度歯周炎

歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)にプラークが溜まり歯ぐきが腫れ、歯を磨くと歯ぐきから出血します。

中度歯周炎

中度歯周炎

歯周ポケットが深くなり、プラークがポケットの深部に付着して炎症が慢性化します。顎の骨が溶けはじめ、歯がグラつきはじめます。また、強い口臭が発生し、歯が浮いたように感じます。

重度歯周炎

重度歯周炎

歯ぐきが後退し歯が伸びたように感じます。顎の骨がほとんど溶け、歯のグラつきがひどくなり、最終的には抜け落ちてしまいます。

【こうなったら危険です!】

歯周病検査で早期発見・早期治療

当院では、患者様に生涯にわたって美味しく食事をとり、素敵な笑顔で過ごしていただきたいと考えています。そのためには、歯を支えている歯ぐきと顎の骨の健康が重要です。口内環境を把握するために効果的なさまざまな歯周病検査に力を入れています。

歯周ポケット検査

「プローブ」という器具を使って歯周ポケットの深さを調べます。深いほど進行していることになります。

歯周ポケット検査

動揺度検査

調べたい歯ぐきの箇所にある歯をピンセットでつまんで動かし、グラつきを調べます。グラつきが大きいほど進行していることになります。

動揺度検査

動揺度検査

動揺度検査

X線写真検査

目で見えない顎の骨を調べます。骨が薄くなっているほど進行していることになります。

X線写真検査

X線写真検査

X線写真検査

歯周病治療の流れ

1.検査・診断
患者様がお悩みの症状をお伺いし、口腔内をくまなくチェックします。

2.歯周基本治療
治療のファーストステップとして、口腔内を清潔な状態に回復させるために以下のことを行います。
  • ブラッシング指導
  • 口腔内のクリーニング
  • 虫歯治療(虫歯があれば)

3.再評価

初期治療後、歯周病の状態が改善されたかどうかを検査で再評価します。再評価の結果をもとに、改善された部位についてはメインテナンスを行い、改善が不十分な部位については患者様にご説明し、今後の治療方針(ブラッシング、クリーニング、歯周外科治療など)をご相談します。

【歯周病はメインテナンスが大事!】

【歯周病はメインテナンスが大事!】

歯周病は再発傾向のある病気です。また、初期では自覚症状に乏しいため「数ヶ月前に治療したばかりなのに気付いたらまた……」ということにもなりかねません。健康な状態を維持するためには、歯科医院での定期的なメインテナンス(クリーニング・ブラッシング指導など)が欠かせません。また、万が一歯周病になってしまった場合でも、メインテナンスを受けていれば早期発見・早期治療が可能です。当院では3ヶ月に一度のメインテナンスをおすすめしています。重症な方や個人でのメインテナンスが難しい方は、月に一度ご来院ください。

ご相談フォーム

東京都立川市|診療予約|立川北デンタルオフィス