立川の歯医者「立川北デンタルオフィス」のホワイトニング・ブライダル準備・口元エステについてご紹介するページです

MENU

whitening

  • TOP
  • ホワイトニング

whitening

立川駅すぐの歯医者「立川北デンタルオフィス」では、ホワイトニングに対応しております。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングとの違いや、メリット・デメリット、施術の流れなどについてご説明しますので、ホワイトニングをご検討中の方はこちらをご覧ください。

速攻で白く!すぐに違いがわかるオフィスホワイトニング

速攻で白く!すぐに違いがわかるオフィスホワイトニング

ホワイトニングは、ジェルなどの薬剤で歯を白くする施術です。自宅で行うホームホワイトニングと医院で行うオフィスホワイトニングがありますが、即効性があり確かな効果が期待できるオフィスホワイトニングが好評です。当院が採用しているのは、「ケンズホワイトニングシステム」と「パピヨン2」。従来のホワイトニングよりも短時間で負担なく歯を白くできるホワイトニングシステムです。

光照射5分×2回×通院2回と圧倒的短時間(飲食物の制限は施術当日だけ)

マウスピース型のホームホワイトニングは2~3週間で効果が出ます

マウスピース型のホームホワイトニングは2~3週間で効果が出ます

ホームホワイトニングはマウスピース型です。2~3週間毎日、マウスピース内にホワイトニングジェルを入れ1時間前後装着するだけ。invisalign(インビザライン)などのマウスピース矯正と、相性が良いです。invisalign終了後のリテーナーを利用して、ホワイトニングできます。

ホワイトニングで食事に制限?

ホワイトニングで食事に制限?

ホームホワイトニング中は効果がわからなくなるので、着色する飲食制限・行動制限があります。カレーやトマトソースや煙草など、ホワイトニングを妨げるものは控えてください。歯の表面には、唾液由来の防御被膜「ペリクル」が歯を保護していますが、ホワイトニングする際にPMTCやエアフローをすると一度全て剥がれます。剥がれることで、ホワイトニング効果も出ますが同時に色素沈着しやすくなります。剥がれたペリクルは復活するまでの4~8時間で8割回復します。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • わずかな時間、わずかな通院ですむ
  • 即効性があり、1回で白さを実感できる
  • 全ての工数を科医師もしくは歯科衛生士が行ってくれる
  • 白さの度合を調整できる
  • 色戻りが起こりやすい
  • 定期的に通院して白さを維持する必要がある

オフィスホワイトニングの手順

Step1

カウンセリング・口腔内検査

仕上がりの色のご希望をお聞きしてホワイトニング可能かを判断します。

Step2

ブラッシング

施術前に歯をきれいにします。

Step3

薬剤塗布・光照射

ホワイトニング効果を引き出すために光照射します。1回あたり5分で、同日に2回繰り返します。これを2日間で計4回行います。

Step4

仕上げ

ホワイトニング剤を水流であらい落とします。歯質を強化するフッ素を塗って完了です。

ホワイトニングメニュー

プレミアムホワイトニング(ウルトラブースト55,000円(税込))
プレミアムホワイトニング

より効果が顕著なプレミアムなホワイトニングプランもあります。

メリット デメリット
  • 1度の施術で漂白効果を実感できる。(同日2回施術)
  • 15~20分の施術時間でも苦ではない。施術中にチェアの角度を45度に起こせるので、スマホを見たり好きに過ごせる。
  • 最後に高強度のフッ素塗布する事で、抗う蝕効果のある歯面強化もでき満足度が高い。
  • 局所効果も強く、神経を失った歯にも応用できる。(同時にウォーキングブリーチ)
  • 術者操作性が高い上に、歯肉保護剤があり安心して受けられる。
  • 2回連続でおこなうと知覚過敏症状や痛みが出やすいので、術前にULTRA EZ(知覚過敏軽減効果)と、術後のENAMELAST(フッ素歯面強化)で対策。施術当日~翌日までは知覚過敏や、不意にズキッと短い痛みがあり、人によっては苦痛を感じるが多くの場合翌日には治る。
Step1

術中

Step2

術後 シェードテイク

Step3

術後

Step4

術後 エナメラスト塗布後

デュアルホワイトニング

さらに、ホームホワイトニングを同時に行うこともできます。トレーを作る場合は、27,500円。invisalign後リテーナーをお持ちの場合は、専用のジェルのみ購入可能で、22,000円です。

ウォーキングブリーチ
ウォーキングブリーチ

既根管治療歯(失活歯)で修復物が入っている場合、その部分には外部からのホワイトニング効果はありません。神経が死んで変色している「失活歯」は、歯の内部からの変色しており、ウォーキングブリーチ法でホワイトニング可能です。(1回5,000円)

白斑除去
白斑除去

エナメル質表面が脱ミネラル化してしまった白斑(ホワイトスポット)は、チョークのような白さで目立つことがあります。白斑が気になる方には、削らずにオパールストラという薬剤で、歯面研磨するだけで目立たなくできます。(1歯5,000円)

歯肉ホワイトニング
歯肉ホワイトニング

喫煙や先天的なメラニン色素沈着している方や、保険の差し歯(クラウン)や銀の土台(メタルコア)などから金属を溶出し歯肉が黒変している方が対象です。
専用薬剤での歯肉ピーリング:フェノール法(片顎1回10,000円)※写真は薬剤塗布した直後
レーザー照射:Er-YAGレーザーによる照射(片顎1回20,000円)
※原因除去が不可欠で、再発することもあります。一度で効果が出る保証はありません。

トップへ戻る