立川の歯医者「立川北デンタルオフィス」のコンセプトをご紹介するページです

MENU

concept

  • TOP
  • コンセプト

concept

立川北デンタルオフィスのコンセプト

超保存型歯科医院 救歯臨床

人生百年使うあなたの大切な歯だから 私たちがきれいに残します

超保存型歯科医院 救歯臨床

人生百年使うあなたの大切な歯だから
私たちがきれいに残します

他院で抜くと診断された歯でも、一度お見せください。もしかすると保存できるかもしれません。「残っている歯の最大値」を活かす臨床が、立川北デンタルオフィスにはあります。

抜歯や抜髄はいつでもできますが、抜いたら元には戻りません。自分の歯よりもすぐれたセラミックやインプラントはないのです。

歯と口腔内の疾患は、「細菌と力学」によって起こります。歯や歯周組織は、食べた物や生活によって構成されています。悪い習慣を捨て去り、良い習慣を身につけられるよう「信念を変える」には、「相当の知識」が必要です。

抜歯原因と対策

  1. 深い虫歯→矯正的に引っ張り出して補強
  2. 重度歯周炎→再生療法とレーザー治療
  3. 歯の破折→ 矯正的に引っ張り出して補強

自費診療の選択肢があれば、すぐに抜く必要はないかもしれません。
可能性があればトライしてみることをお勧めします。

世界レベルの設備と機材がある歯科医院

世界レベルの設備と機材がある歯科医院

立川北デンタルオフィスは、2011年の創業以来、治療精度の向上と正確なメンテナンスを可能とする最新機材を導入し続けています。2020年代以降のNew Standardとなる機材が既に配備されているため、最新の医学的根拠に基づいた歯科医療が提供できます。

立川北デンタルオフィス
「3大見える化改革」

①マイクロスコープ診療(YOSHIDA PRIMA DNT)
①マイクロスコープ診療
(YOSHIDA PRIMA DNT)

最大36倍に拡大できる歯科用顕微鏡です。肉眼では見えなかった歯の根の先が確認でき、根管内に残された破折器具の除去も可能。外科や歯のデザインなどにも応用できます。マイクロスコープの使用には熟練技が必要で、その難しさから使用を諦める人も多い機材です。立川北デンタルオフィスの院長である私も、かつてはマイクロスコープを使わずに治療していた時代がありました。しかし上手に使いこなせるようになった現在、必ず使うようになりました。

②CTパノラマX線写真撮影複合機(YOSHIDA X-era)
②CTパノラマX線写真撮影複合機
(YOSHIDA X-era)

当院は院内にCTがあり、すぐ撮影できます。歯周炎の骨欠損の診断や、根尖病巣の解明、インプラント術前検査にも、CTは欠かせません。また、超高画質のパノラマX線写真も撮影可能。良い診療は、このような良い画像診断があって成り立ちます。

③LEDアドメテック TTLルーペ(マイクロテック)
③LEDアドメテック TTLルーペ
(マイクロテック)

歯科治療で精密な診断をするには、肉眼だけでは情報不足です。当院では歯科医師と歯科衛生士全員が、高倍率拡大化するコードレスLEDライト装着。ルーペは耳や頭部にかけられるので、様々な角度から精密な検査・治療が可能です、

なぜ今改革を行うことになったのか?【櫻田院長インタビュー】

なぜ今改革を行うことになったのか?【櫻田院長インタビュー】

歯科医療は非常に細分化しており、専門性の高い治療も多くあります。世界的にみれば、歯科医院や歯科医は専門領域の治療しか行わないのが一般的です。しかし、日本での歯科医療では、様々な治療を一つの医院や一人の歯科医が行うケースを多く見かけます。

実は、日本の一般歯科医院は一人の歯科医師が治療できる範囲がとても広く、世界的にも優秀とされています。とはいえ、全ての一般歯科医院で「細分化された専門性の高い治療」ができるわけでなく、それぞれの歯科医院に「得意・不得意」があるのも事実です。

私は30歳で立川北デンタルオフィスを開業。「圧倒的な臨床力」を目標として、40歳までの10年間、細分化された専門性の高い治療を広く深く学んできました。そして、世界のスペシャリストのような治療を実現するため、自学自習やセミナーでの勉強、特化した設備・機材・専門器具の配備、実践による技術の研鑽など、医療水準の強化に努めています。卓越した歯科治療技術を持った先人たちに近づけるよう、更新を重ね成長し続けていく所存です。

なぜ今改革を行うことになったのか?【櫻田院長インタビュー】

「患者と共に歳をとる」という言葉があるように、立川北デンタルオフィスは患者様にとって生涯にわたって利用しやすい医院であるように改革を進め、一人ひとりのお口の健康保持、向上を目指して日々邁進していきます!

concept

向いている方

  • 一生会話と食事を楽しむために、かかりつけ歯科医を探している方。
  • 自覚していない部位を含め、病気の早期発見・早期治療を積極的に行い健康になりたい方。
  • 日本人の8割がかかっている歯周炎の治療を受けて、予防歯科にシフトしたい方。
  • 歯科医師・歯科衛生士と三人四脚で、治療やメンテナンスができる方。
  • 1日に限られた人数しか診療をしないため、アポイントをお守りいただける方。
  • 数ヶ月おきのメンテナンス継続が、自己投資だと理解できる方。
  • お互いに敬意を持ち、笑顔でコミュニケーションを取れる方。
  • 不調や異変に気付いた時点で相談をしていただける方。
  • お口の中をきれいに保つことで笑顔に自信を取り戻し、社交や外交性を上げたい方。
  • 自分の歯をなるべく残したい方。

不向きな方

  • その場しのぎで、ただ早く治療を終わらせたい方。
  • 自覚している不調部位や、ご自身の思い通りの治療以外は受けたくない方。
  • 歯周病治療と口腔衛生指導・感染根管治療を積極的にしたくない方。
  • 治療に必要なレントゲン撮影・歯周炎検査・歯周炎治療・口腔衛生指導・感染根管治療をしたくない方。
  • 今後、さらに悪化していくであろう部位の早期治療をしたくない方。
  • 忙しく歯科治療の時間をつくれずアポイントを守れない方。
  • 歯を磨かずに治療にいらっしゃる方。服装が不潔な方。
  • お返事やご挨拶など最低限のコミュニケーションも取りたくない方。
  • 「〇〇された」と前医や歯科医師に対して敵意・被害者意識が強い方
  • ネットにある自分の都合の良い情報ばかり集めている方
  • 言葉使いが悪く横柄で、受付やスタッフに無礼な方

必ず適切に歯を磨いてから受診してください

必ず適切に歯を磨いてから受診してください

急患として来院される場合や、どうしてもブラッシングができなかった場合は、受付までお申し出ください。歯ブラシをご購入いただき、洗面所でブラッシングをしていただけると助かります。

歯科衛生士による口腔衛生指導や歯石除去を積極的に行いたくない患者様の受診は、申し訳ございませんがお断りしております。適切なブラッシングと生活習慣を身につけていただいて初めて、良好な経過を辿ることができるためです。

必ず適切に歯を磨いてから受診してください

新しい歯ブラシ、デンタルフロス、タフトブラシ(ヘッドが小さく奥まで届きます)、歯間ブラシ、コンクールF(洗口剤)などの道具や補助器具が必要な場合も、当院受付または個人でお買い求めいただいた上で、ブラッシング指導をさせていただきます。積極的にブラッシングの上達と口腔の健康を回復するご準備を、何卒よろしくお願いいたします。

※院内での無断の録音や動画撮影はお断りしています。

必ず適切に歯を磨いてから受診してください

トップへ戻る